並木良和批判に思うこと

2019/12/12 ブログ

川崎武蔵小杉で心身統合を教えている楽桜堂です

またまた並木さん批判について思うことを書きました。しつこいですが。

 

スピの人で批判はしてはいけないと思ってる方が多いです

でもみんな批判を日々、心でしています

ということはどんどん抑圧してしまってるということです

批判はいけないと思うから捨て子ちゃんになってしまい

自分も息が詰まってくるし

批判的な人が嫌いになっていきます

 

確かにルール無視で人格否定的な批判するのはサタンエネルギーだと思います

統合の道において、サタンエネルギーはそぎ落としていかないといけません

 

批判する時、その人全体の人格否定をせず

部分批判をすれば問題ありません

批判にもルールがあると思います

 

例えば

「並木さんの統合概念はおおざっぱすぎるので

統合難民が出てしまっても当然だと思う」

 

これは前のブログで私が書いたものですが、こういう批判はセーフだと思っています

ところがこういうのもあります

 

「アセンションを謳っている人はみんなビジネスです」

「アセンション商法です」

 

これはアウトだと思います

人格否定ですから

アセンションなんてないよ、ゲートなんてしまらないよ、と

最近並木批判・アセンション批判が増え、なぜか、無関係の私までとばっちり受けてる氣がします

営業妨害です(笑)。うちもアセンションでSEO対策(検索すると出る)してますから(笑)

 

こういう、名指しでだれかを貶めるような人格否定をするような人は

霊能力は高くても霊格は高くないのではと思います

私のヒーリングの先生である、故ひろみん先生も、よく言ってました

「霊能力と霊格は全く関係ないよ」って

 

ひろみんはチャネリングが得意で、能力者でした

でもとても人間臭い人でした。

私たち生徒に、「みんなの中には私よりすごいお役目の人もいて

私の嫉妬感もきっとみんなには伝わってしまっているよね」

なんて言ってる時もありました。

でもとてもあったかい人でした。

人格・霊能力を併せ持った人でした。

 

あと、高次のメッセージをチャネリングするからと言って

並木さんを神格化するのもおかしいと思います。

ひろみんも人間臭い人でしたし、我欲があって当然ですし

もしかしたら、並木さんだって会社の設定したワークショップの高額価格に不本意だったけど

同意したということも考えられますし、

 

今回、霊性の高い並木さんがこのような批判を受ける目にあったことを分析すると・・・

人々を目覚めさせる人が出ると、サタン勢力は必死に足を引っ張ろうとします

色と金を使って。

お金儲けをしたいという人間的な欲求をツールにサタンが足を引っ張ったのかもしれません

あと、並木さんの中の昔の記憶、例えばの話ですが、イエスの時代にイエスの弟子かなんかで

正しいことをしているのに迫害を受けてひどい目にあったとか、

そんな記憶がしっかり統合しきれていなかったとか

いろいろ考えられます。推測にすぎませんけど。

 

アセンションについて

自分が知らないからと言って、バカバカしい、と否定する態度は

見えないからとお化けを否定する科学者と同じぐらい愚かです

数あるスピリチュアルユーチューバーの中で

心眼で人を見れば、どの方が霊格の高い人かおのずとわかります

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

楽桜堂
個人セッションhttp://www.rakuoudou.com
カウンセラースクールhttps://rakuoudou.jp

 

住所:神奈川県川崎市中原区
小杉御殿町2丁目35-6
TEL:044-819-1901
TEL:090-7808-1265